世の中に安価で良質な商品が
まったくないわけではありません。

しかし

通常そういうものは
ないと考えるのが常識で
サプリメントも例外ではありません。

安く売られている場合は
まず栄養素の含有量が少ない
可能性が考えられます。

そうしたことからサプリメントを
ドラックストアーや通販で買う場合

1ヶ月3000円以下のサプリは
やめておいたほうがいいでしょう。

安価に購入できる商品も
かなり出回っていますが

有効性のある栄養含有量を
そなえたサプリメントならば
それなりの価格がするものです。

決め手は

原材料表示の最初のほうに
どんな原材料名が記載されているかです。

ビタミンA、ビタミンB1、葉酸、亜鉛といった
栄養成分が記載されているか

それとも果糖、ブドウ糖、ショ糖
脂肪酸エステル、カラメル色素、加工澱粉など
お菓子などの加工食品によく使われるような
添加物名が記載されているかです。

なぜ表示の最初のほうに
記載されている原材料名が重要なのかというと

JAS法によりサプリメントの表示は
使用量の多い原材料から順に
記載することになっているからです。

ですから

表示の最初のほうに
添加物名が並んでいるサプリメントは
おすすめしづらいです。