腰痛に悩んでいる方の多くは
腰痛コルセットを活用しています。

私の周りにも腰痛で悩んでいる人が多く
腰痛コルセットを使っているのですが

そのほとんどの人は
つけ方の間違いに気付いていないのです。

ひどい人は
ただお腹周りに巻いているだけで
安心しているのです。

私自身も運動のやりすぎで
椎間板を損傷しているため
時々腰痛コルセットを使用しています。

多くの方のコルセットに対する理解は
コルセットが後ろで腰を支えているから楽なんだ
と思っています。

そうではないんですよね!

コルセットはお腹を締めるために使います。
腹圧を上げるためなんです。

コルセットのつけ方で一番大事なのは
お腹の部分です。
お腹を締めて腹圧を上げることにより
腰が安定するんです。

このことを知らない方が多いんです。
私も初めはそうでしたが・・・。

コルセットのマジックテープを止めるときは
へそ下の下っ腹を引っ込めて
マジックテープを止めると
コルセットにより腰の前後が挟まれるため
背骨が伸びるような形になりとても安定します。

このように腹圧をかけないでコルセットをつけた場合は
腰からの圧で背骨が歪むため腰痛が出やすくなります。

 

コルセットはあくまでも補助器具です。
常につけていると
筋肉が弱くなってしまい
反対に腰にとってよくありません。
必要なときがけつけるようにしましょう!

腰痛の治し方としては
お腹の腹横筋と腹筋を鍛えて
背骨を守りましょう。

呼吸法でも十分に鍛える方法がありますからね!