骨粗しょう症を予防するためには
運動が必要とされています。

ですが

予防運動が必要だからといって
水泳はおすすめできません。

なぜなら

その運動とは骨に荷重を与えることだからです。

これは「ウルフの法則」といって
骨に荷重ストレスが懸かると
これに拮抗できるよう骨の微小構造が改築、改変されるという法則。

荷重=刺激(ストレス)

ですから

水泳は水の中で浮力を使い筋肉を動かしているだけなので
骨には刺激(ストレス)が伝わらないのです。

無重力の宇宙空間で長くいると筋肉が衰えて
体の支えられなくなるのと同じなんです。
骨も重力を感じない運動では強くなりません。

水泳は全身運動で心肺機能を鍛えることができ
ケガをしにくい手軽な運動ですが
骨の強化には向かないのです。

骨粗しょう症の予防には重力をかける運動が絶対で
これをなくして骨粗しょう症の予防はできないのです。

自宅で簡単に出来る方法

①立位(立つ)で両足を肩幅に広げ
②踵を上げてつま先たちになり
③踵を素早く落として地面に着く
④10回3セットを1日3回

試してみてください。

踵から頭の先まで衝撃が伝わるはずです。

これが骨に刺激が伝わることの意味なのです。

骨は30歳をピークにして減るばかりです。
それまでに運動や食生活によって
いかに骨密度の貯金がされているかが重要だと言われています。